男性ホルモンの影響と育毛剤

男性ホルモンの影響と育毛剤

男性用の育毛剤の主な作用の中に、男性ホルモンの働きを抑制するものがあります。

 

薄毛や抜け毛の原因は一つではなく、遺伝的な要因や生活習慣による影響、それにストレスや日々の頭皮ケア不足などさまざまですが、男性ホルモンの影響によるものが大きいとされていて、多くのかたがそれにより薄毛に悩まされています。

 

自分が原因だと思うものに対して効果的な成分が入っている育毛剤を選ぶことが、育毛剤の使用において最も大切な部分になりますが、男性用育毛剤は男性ホルモンに関係する作用のあるものが多いです。

 

昨今ではAGAという言葉をよく耳にするようになりました。

 

男性型脱毛症という意味を持つAGAはこめかみの辺りから薄毛になり始め徐々に生え際が後退する、いわゆるM字型脱毛症といわれるパターンと、頭頂部から始まり周囲も薄くなっていくO字型の脱毛症があります。

 

このAGAというのは男性ホルモンに大きく関係していて、5aリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストロンという物質を生み出します。

 

これが現代医学で抜け毛や薄毛の主な原因となっている言われているものです。

 

育毛剤ではこの結びつきを抑える作用のあるものが多くあります。

 

多くの男性の薄毛の原因となっているものですので、育毛剤でも一番オーソドックスなものが、男性ホルモンの働きに関係するものです。

育毛剤の変化を確認するため写真を撮る

 

様々な育毛剤を使っていくと、そのブランド独特の使い勝手が分かってきます。

 

特に育毛剤だけでなく同じブランドでシャンプーをリリースしているメーカーの場合、そのシャンプーの効能もチェックしていけば他のブランドよりも優れていることが確認出来た行きます。

 

このように、育毛関係の商品については、様々なタイプが販売されていて、含有されている成分も違っているのでそれらを比較して自分が最適だと思う範囲を限定していくのです。

 

特に、育毛関係に精通しているメーカーがいくつか分かってくるので、そのメーカーがリリースする新しいタイプの育毛剤などは必ず使ってみる事です。

 

常に新しい成分が開発されるので、それらを使いながら自分の頭皮の状態を確認していく事が大事です。

 

毎日頭皮を鏡で見ているとなかなか変化に気がつかない場合があるので、育毛剤を切り替えるときなどには、頭皮を写真で撮影してデータを置いておくことも大事です。

 

数ヶ月後に、同じアングルから頭皮の状態を撮影し、育毛剤の効果が発揮されているかどうかは違いを確認することが大事です。

 

微々たる変化である可能性があるため、より高精細な写真を撮影し、生え際のうぶ毛などがチェック出来るような状態にする事が大事です。